事務所概要

事務所名アスコット行政書士事務所  Ascott immigration lawyer Office
代表者名藤原一雅  Kazumasa Fujiwara
所在地〒242-0006 神奈川県大和市南林間6-3-15
6-3-15, Minami-rinkan,Yamato-shi, Kanagawa, 242-0006
所属団体神奈川県行政書士会 会員番号 第5101号
A member of Kanagawa administrative Lawyers
行政書士登録番号Membership Number 第16090526号
業務内容・在留資格認定証明書交付申請、在留資格の変更・在留期間の更新、永住申請、資格外活動許可申請、帰化申請など取次申請業務

・外国人の雇用サポート、外国人の起業・開業サポート、国際結婚国内外手続サポート

・各種契約書作成(離婚協議書、賃貸借契約書など)

営業時間9:00-18:00 [ 土日・祝日除く ]
Open 9:00~18:00
Monday thru Friday

代表 行政書士

ごあいさつ

 

アスコット行政書士事務所 藤原一雅です。

外国人の出入国管理を取り扱う申請取次行政書士として、神奈川県を中心に関東一円を中心に活動しています。

あなたは、以下のような悩みをお持ちではないでしょうか?

  • 日本の永住権がほしい。日本に帰化したい。
  • 外国からの留学生ですが、卒業後も日本で働きたい。
  • 日本で働いていますが、本国の家族を日本に呼んで一緒に暮らしたい。
  • 腕の良い外国人シェフを海外から呼び寄せたい。
  • 海外の会社の支店を日本につくりたい。
  • 今後の海外進出のため優秀な留学生を採用したい。

これらは、日本に在留している外国人のごく一部の悩みです。

一方、複雑な入管法(正確には「出入国管理及び難民認定法」)により、在留資格の要件や、在留できる期間、その手続などが詳細に定められています。

入管法を理解し、正しい手続を期限までに行うことは、日本語をうまく使うことのできない外国人にとって、非常に困難なことです。

入国管理局への申請はすべて日本語で行われます。例えば、ある外国人を証明する文書もすべて日本語に翻訳して提出しなければなりません。

一部の日本語の能力が突出して高い外国人はともかく、日本に来る前や来日したばっかりの外国人が日本語で申請書類を作成し提出することは至難の業です。

そこで、われわれ申請取次行政書士の出番となるわけです。

当事務所は、そのような複雑な入管手続を、お客様からのご相談に基づき、お客様の代わりに行ない、正しい在留資格を効率的に取得することを業務としております。

また、お客様への説明は御納得していただけるよう分かり易く丁寧に行われていると自負しております。

もし、上記のようなお悩みが少しでもあるときには、メールなどで、お気軽にお問い合わせ下さい。

よろしくお願い致します。

Profile

1962年東京都中野区生まれ。
大学卒業後、某技術系会社に入社。入社1年半後には、米国シカゴになかば強制的に送られる。このときに、外国人や外国の文化に直面しても、ものおじしない性格が形成された。
その後、OA製品の開発主管として、アメリカを始め、いろいろな国のお客様とビジネスを通じて知り合う。その時の外国人の友達は、今でもFace bookでつながっている。
2003年には、米国テキサス州オースチンで、はじめての正式な海外駐在を味わう。当時は、米国といえども、光ファイバーなどほとんどなく、しょっちゅう通信不良が発生するケーブルによるネット環境があるのみで、日本へのアクセスは想定外に遅く、遠い国と感じていた。
帰国後円満退社し、行政書士試験に合格、独立開業を果たす。いろいろな行政書士業務がある中、外国人に、ものおじしないことから、国際業務(入管業務)を業務専門分野としている。

好きな食べ物

  • グルメとか、美味しいものには興味はないが、「盛岡じゃじゃ麺」を唯一好物としている。
  • 心を幸せにしてくれるじゃじゃ麺オススメの店は→ 盛岡「香醤」(じゃじゃ麺の通信販売もあります)
盛岡じゃじゃ麺の店「香醤」

盛岡じゃじゃ麺の店「香醤」へのリンクです

嫌いな食べ物

  • 桜でんぶ、おはぎ(お米に砂糖はありえない)

ハマっているもの

  • 進撃の巨人(あの世界観がたまらない)
  • 革靴(最近、馬のおしりの革(コードヴァン)で靴をあつらえて盛り上がっている)