帰化や永住、特別永住者、国籍法に特化した記事です。
永住と帰化は、最終的に外国人が取得する上で目的のようなポジションです。
永住者許可を取得しようとする方や取得済の方は必見です。
特別永住者とは、正確に言うと、「入管法」上の在留資格ではありません。
1991年に「日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法」 (平成3年法律 71号) が定められ、特別永住者として在留することになりました。第2次世界大戦終戦前から引き続き居住している在日韓国人・朝鮮人・台湾人およびその子孫の在留の資格です。この特別な歴史的背景をもった「特別永住者」についてはなします。
国籍法では、どのような場合に日本国籍が取れるのか、その場合の要件などについて解説しています。