永住権が取れてお金が戻ってくるって聞いたのですが本当ですか

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

私が住む神奈川県大和市が、安全や防災のために行っている「やまとPSメール」。

最近では、大雨や台風情報、地震速報などを頻繁に、eメールで流してくれています。

そんなPSメールですが、意外と多いのが、「お年寄りを狙ったオレオレ詐欺注意喚起」のメールなのです。

テレビやラジオでも、注意喚起の番組や広報などが、行われていますが、それでも無くならないのですね。

実は、永住権の相談で、同じような質問があったのです!?

もしあなたも、同じように声をかけられたら要注意です。

では、その内容をご紹介しましょう。

1. 電話による永住権に関する返金のお知らせからはじまる

質問は、以下のとおりです。

相談者「私は、最近、永住権を取りました

現在、会社に勤めていて、日本人の夫の間には、日本国籍の子どもがいます。

子どもは、すでに働いていて、永住権申請時に身元保証人になってもらいました。

ある友人から、お金が返ってくると聞きました

その後、返金に関して手紙が送られてきて、私の場合、私の子どもの源泉徴収票預金通帳のコピーが必要書類として送ってほしいと書かれていました。

くわえて私自身の様々な証明書が必要で、その書類を至急FAXで送るよう依頼されたのですが、その情報の真偽が分からず、子どもには時間がなく相談ができておりません。

そういった返金する制度はあるのですか?

2. 永住権に関する返金などありません

「永住権をとったからといって、返金される制度などありません。

これって、オレオレ詐欺の一種です。

基本的には、無視してください。」

ここまで言った段階で、相談者はびっくりしていました。

再度、アプローチがあるようでしたら、警察に相談することが、良いと思います。

また、お金や銀行口座の情報ばかりではなく、あなたや息子さんの個人情報を狙っているのかもしれません

ですから、書類の提出もひかえてください

市役所などから、何かの依頼があったときには、市役所の電話番号を調べた上で、内容を確認するとか、直接窓口にでかけて、提出するなどの慎重な行動があなたを守ります。

相手からの依頼のお願いなどに書かれている電話番号に電話してはいけません

役所を装った人が相手をしているだけですから。

3. あなた自身の判断だけで動かない

息子さんがいるようですから、事情を話して、一緒に行動することが、安心です。

一人だけだと、相手の口裏に、ごまかされてしまうことも多いのです。

話を持ってきた、「ある友人」にも、注意が必要です

当分は、会うことやこの関係の話はしないほうが良いでしょう。

4. まとめ

お年寄りを狙った電話でのオレオレ詐欺にくわえて、最近は永住権をとった外国人を狙った詐欺にも、注意しなければならない。

  • 永住権をとったからといって特別に返金されることはない。
  • あなたや親族のお金だけではなく、個人情報も狙われていることに、注意すべきである。
  • 詐欺まがいのアプローチがあったら、警察に相談すること。