外国人はどうやって日本での就職先を探すのですか-日本での就職先を探し方

もうそろそろ3月が近くなって卒業シーズンがすぐそこまできています。

そこで、電話の対応で多くなるのが、この質問です。

「どうやって日本で就職先を探すのですか?」

まず、はじめに言っておきますが、当行政書士事務所は就職の斡旋などは、一切行っておりません。

とは言え、知っている範囲で書き出してみますので、参考にして下さい。

1.東京外国人雇用センター新宿外国人雇用支援・指導センターに行ってみる。

a.東京外国人雇用サービスセンター

〒163-0721 東京都新宿区西新宿2‐7‐1小田急第一生命ビル21階

ここは、外国人留学生の方や専門的・技術的分野の在留資格を所持して仕事を探している外国人の方を支援する国(厚生労働省)の機関です。

b.新宿外国人雇用支援・指導センター
〒160-8489
東京都新宿区歌舞伎町2-42-10
ハローワーク新宿(歌舞伎町庁舎)1階
TEL:03-3204-8609 FAX:03-3204-8619

日本人の配偶者等、定住者、永住者などの就労に制限のない在留資格をお持ちの外国人の方、またはアルバイトを希望する外国人留学生の方はこちらの新宿外国人雇用支援・指導センターをご利用ください。

この他にも、名古屋大阪にあるそうです。

2.インターネットで「外国人 留学生 就職フェアー」などの単語を入れて検索してみる。

時期にもよりますが、就職活動解禁される前後に、それらの外国人向け就活フェアーを案内するホームページが必ず見つかります。

参加してみるのも良いのではないでしょうか。

3.専門学校や大学の就職支援課などの窓口に問い合わせる

これは、定石ですね。今更という感じですが。しかし、学校からの推薦や就職先が決まったときの学校側から入国管理局へ提出する資料がそろいやすいという利点もあります。

4. 民間の就職あっせん会社に登録する

ネットで「外国人 就職」などと検索すると、大小様々な就職斡旋会社のサイトが表示されます。

色々あるので、よく調べた上で登録してみるのも良いのではないでしょうか。

5.母国の同じ人に聞いてみる

やはり外国人のコミュニティーはすごいものがあります。

1人が良い就職先に巡り合うとその話は同国人に耳に入るようです。

6. 注意事項

外国人の皆さんが、勘違いしている一つの例として、次のようなことがあります。

就労ビザや資格外活動許可は、就職先の企業や会社から、少なくとも内定をもらわなければ、申請できないということです。

皆さん、順番が逆なのです。

入管専門の行政書士に相談までは良いのですが、話してみると、アルバイトをしたいので資格外活動許可を取得したい。

資格外活動許可をもってアルバイト先を決めようと考えているのです。

ニワトリと卵のようですが、内定を会社にもらってから入管に申請するものなのです。

内定とは、雇用する会社が、ある人を雇用するい意志があることを示すもので、具体的には雇用条件等が書かれた書類が必要になります。

ここのところをポイントとして、おさえてほしいのです。

7. まとめ

  1. 東京外国人雇用センターや新宿外国人雇用支援・指導センターに行ってみる。
  2. インターネットで「外国人 留学生 就職フェアー」などの単語を入れて検索してみる。
  3. 専門学校や大学の就職支援課などの窓口に問い合わせる。
  4. 民間の就職あっせん会社に登録する。
  5. 母国の同じ人に聞いてみる。
  6. 在留資格の変更や資格外活動許可は内定をもらってから申請する。

 

注意!当サイトではこれらのことについては、責任をもてませんので、自己責任でお願いします。