在留資格認定証明書交付申請(Certificate of Eligibility)

現在、呼びたい外国人が外国に住んでいて、かつ、その外国人が日本に中長期(90日を超えて)にわたり、住みたいと考えているときには、在留資格認定証明書交付申請が必要です。

例をあげると、

外国人と日本人が結婚し、日本で一緒に生活をしたい。

外国料理の腕の良いコック(調理師)を、日本の自分のレストランに呼びたい。

外国人向け就職活動セミナーで優秀な外国人を雇う契約を結んだので、実際に日本に呼びたい。

日本の医療を受けるために、90日を超える日本への滞在が必要なとき。

などというときには、この在留資格認定証明書交付申請を行います。

この申請手続は、日本に居住していない外国人を、中長期に日本に滞在させるためのものです。

在留資格取得のための必要書類

ケースによって、ポイントとなる必要書類は変わりますが、

例えば、国際結婚の相手を日本に呼びたいようなときは、いかにその国際結婚が実体を伴ったものか、言い換えると偽装結婚ではないかを証明するような書類を集めることが必要です。

また、料理人に代表されるような、会社や組織に大切な人を日本に呼び寄せる場合は、その組織で予定している業務内容や活動内容とその外国人のもっている才能がいかに密接な関係をもっているかを証明するような書類や経験年数を証明する書類を必要があります。

同様に、外国人を海外から招いて雇うには、御社で予定している業務内容と、その外国人の大学/大学院での専攻内容との深い関連性を示すものが必要です。

アスコット行政書士事務所の提供する代行サービス

これらの申請書類を事細かに作成し、確実に入国管理局が認めてくれるようなことを行うのは非常に手間がかかります。

さらに、それらの書類を作成するには、事実を正確に記述するある程度の文書力が必要であり、かつ、経験や慣れが必要です。

あなたの貴重な時間を守るために、アスコット行政書士事務所でも書類の作成・収集の代行サービスも行っています。

さらに、入管業務取次申請する行政書士として、外国人本人や日本にいる招へい人に代わって申請を行うサービスを行っています。

ぜひ、これを機会に依頼してはいかがでしょうか。