外国人と結婚をしたのですが、在留資格の手続がわからない

意外と知られていませんが、外国人と結婚すると、当然日本に一緒に住むことができると考えている人が多いのですが、実は違います。

結婚の手続と相手が日本での在留資格を取得することは全く違うことなのです。

つまり、二人が結婚すること(婚姻手続き)と、一緒に住むこと(在留資格「日本人の配偶者等」の取得)は異なることなのです。

第一に結婚するには(婚姻手続き)、日本側と相手の母国に結婚したことを登録する必要があります。

この手続のために、法務省や外務省、相手方の母国の駐日大使館や領事館、二人が住む市区町村役場などを歩き回らないといけません。

次に、その証拠をもって入国管理局に行き、在留資格「日本人の配偶者等」を取得する必要があります。

この入国管理局への申請が大変なのです。

当然、何も問題のない国際結婚カップルから言わせると、なんで夫婦として入管は認めてくれないのかと思います。

しかし、なかなか、在留資格は下りません。

理由は、偽装結婚が多いからです。言い換えると、あなたの国際結婚を入国管理局は、偽装結婚と疑っているといっても過言ではありません。

アスコット行政書士事務所の提供する代行サービス

そこで、我々アスコット行政書士事務所は、国によって複雑な結婚の手続から、入国管理局へいって在留資格「日本人の配偶者等」の取得までをお手伝いしようというのです。

特に入国管理局への在留資格の申請の前に、やらなくてはいけないことや確認しなければならないことがたくさんあります。

それらのことを確認チェックして、書類を準備して、確実にしてから在留資格の申請を行います。

あなたの貴重な時間を大切な結婚手続きに使うことも理解できますが、不許可になってしまえば、その大切な時間も水の泡となってしまいます。

このようなときにはアスコット行政書士事務所にお任せ下さい。

 

期間限定 電子書籍「知らないと損をする 永住権に関する新常識 第2版」をプレゼント

「永住権を取りたい」

「永住許可申請について手軽に知識を身につけたい」

そのようなあなたを対象に
電子書籍「知らないと損をする永住権に関する新常識」として大幅改定しました。

この電子書籍をゲットして永住権について、正しい知識を理解しましょう。

このプレゼントは、2018年8月31日をもって終了致します。

※ダウンロードしていただいた皆様は、当事務所のブログ「ビザ帰化サポートブログ@アスコット」の購読者として登録されます。

登録を希望されない方は、簡単な操作で解除することもできます。