この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

資格外活動許可 (Permission to Engage In Activity Other Than That Permitted Under The Status Of Residence Previously Granted)

資格外活動許可証

余った時間を使ってアルバイトをしたい。こんなときには資格外活動許可を申請します。

よく、コンビニエンスストアーのレジで日本語がちょっと不自然な店員がいますよね。

きっと彼らは、留学生で「資格外活動許可」を取得しています。

対象者は、

  • 留学ビザで入国している人
  • 家族滞在ビザで入国している人
  • 専門学校や大学の留学生として卒業したが、卒業前から行っている就職活動を継続するための「特定活動」の在留資格をもって在留する者で,同教育機関からの推薦状に資格外活動許可申請に係る記載がある場合などが対象です。

資格外活動許可の注意点

注意しなければならないのは、「資格外活動許可」を取るということは、その資格外活動(アルバイト)を制限なく行ってよいということではありません。

週28時間以内と制限されています。

雇い主も当然ハローワークなどを通して、労働時間などを報告するのですが、週28時間を超えて労働させることができません。

また、風俗業などもアルバイト先としては禁止されています。

アスコット行政書士事務所の提供する代行サービス

アスコット行政書士事務所としては、外国人の留学生や家族滞在ビザで来日している人からの依頼に応じて、資格外活動許可の代理申請を行います。

さらに、アルバイト先からの依頼でも書類の作成・申請を行います。

留学生がこの資格外活動許可をもっていないと知っているかどうかにかかわらず、この資格を有していない留学生をアルバイトとして雇うと、雇い主も不法就労助長罪に問われるために、最近では雇用主からの依頼も多いのです。

この場合には、ハローワークへの届け出書の作成も合わせて行っています。

あなたの貴重な時間を守るために、アスコット行政書士事務所が書類の作成・収集・申請の代行サービスを行っています。

ぜひ、これを機会にご依頼してはいかがでしょうか。