永住許可申請をお考えの方へ

 

※1.永住許可の居住要件一般的には日本に10年間住み続けること、さらにそのうち、5年間以上ワーキングビザであることが必要です。

ただし、次の要件を満たす場合には、それぞれ短縮されます

A. 日本人永住者及び特別永住者の配偶者で、実体を伴った婚姻生活3年以上継続し、かつ引き続き1年以上日本に在留していること。

B. 日本人永住者の実子等の場合は1年以上本邦に継続して在留していること。

C. 「定住者」で日本に5年以上継続して在留していること。

D. 難民認定を受けて日本に5年以上継続して在留していること。

E. 高度専門職省令に規定するポイント計算で70点以上有している者が、3年以上継続して日本に住んでいること。(高度専門職である必要はありません

F. 高度専門職省令に規定するポイント計算で80点以上有している者が、1年以上継続して日本に住んでいること。(高度専門職である必要はありません

あなたが受けられる永住権のメリットとはどのようなものがあるのでしょうか?

◯1. 在留期間が無期限になります。

永住者以外のビザをもつ外国人が継続して日本に住む場合には、決められた期限までに更新手続きをする必要があります。

永住者はこの更新手続きを行う必要がありません。

◯2. 就労内容に制限なくなります

就労ビザをもった外国人は、入国時に決められた 業務内容の仕事にしか就くことができません。

それに対して、永住者は制限なく職につくことができ、単純労働なども可能となります。

◯3. 社会的な信用が上がります。

社会的な信用の実例が住宅ローンの利用でしょう。 永住者の資格は、国家から一種のお墨付きをもらったというステータスのようなものなので、住宅ローンの他にも不動産の購入、賃貸も容易になります。

◯4.家族(配偶者や子ども)もになります。

永住者の配偶者や「永住者の子供として日本で生まれた」子どもの在留資格は「永住者の配偶者等」になるため、 就労に制限がなくなり、その点では楽になります。

◯5.離婚などにより在留資格変更不要になります。

「日本人の配偶者等」の場合には、配偶者と離婚や 死別した時には、母国に帰国するか、6ヶ月以内に就労資格や「定住者」に変更しなければいけません。

資格変更の手間がかからず、母国に帰国しなければならないなどということもなくなります。

アスコット行政書士事務所にご依頼いただく5つのメリット

◯特徴その1:入管申請取次行政書士が確実に永住許可を取得します。

「入管法の専門家」としてあなたに最適な永住許可申請のプランを示し、審査のポイントをおさえたアドバイスを行ないます。

入国管理局はHPで永住許可申請に関して、次のように表明しています。

「永住許可については、通常の在留資格の変更よりも慎重に審査する必要があることから、一般の在留資格の変更許可手続とは独立した規定が特に設けられています。」

このようなことから、永住許可申請をお考えのお客様から下記のような点について、多くのお問合わせがあります。

  • そもそも手続方法がわからない
  • 自分が要件を満たしているかどうかわからない
  • 税金・健康保険・年金の現状把握と改善へのアドバイスがほしい
  • 必要書類を収集する上でのアドバイス(何をどのように収集するのか)
  • 理由書の書き方は?
  • 忙しくて書類が作成できない

これらに対して、アスコット行政書士事務所は、一つ一つ明らかにし、お客様と一緒に永住権の「確実な」取得を第一に活動しています。

◯特徴その2:あなたの貴重な時間を守ります。

特徴その1に書かれているように、「そもそも手続方法がわからない」、「自分が要件を満たしているかどうかわからない」、「必要書類の収集」、「忙しくて書類を作成できない」などの声が多いことは事実です。

これに対して「申請取次」である行政書士は、そのノウハウを活かして、お客様個別に、永住許可申請ができるかどうか、できるならばどのような提出書類が必要か理由書として何をポイントとして書くべきかなどを総合的に判断して申請をすすめていきます。

その後、お客様に代わって入国管理局へ出向き申請を行ないます。それまでの間、お客様の大切な時間を無駄に致しません。

◯特徴その3:不許可時全額返金対応します。

万が一、不許可になったとしても、アスコット行政書士事務所側の不手際・不具合が原因の場合には、料金を全額返金致します

アスコット行政書士事務所は普段から自信をもって、お客様の永住許可申請を行なっております。

ですから、基本的には受任した案件では、必ずと言ってよいほど許可されると自信を持っています。

その証として、不許可時全額返金対応に応じるということを1つのメッセージとして発信しております。

◯特徴その4:最新の永住権に関する情報を常に更新し、お客様に提供します。

普段から、行政書士として実務や行政書士会内部や外部主催の研修で研鑽を積んでおります。

少しでも、お客様の永住許可をスムーズに得るために最新のノウハウを得ながら日々の業務にあたっています。

今年4月26日の法務省から発表された「永住許可に関するガイドライン(平成29年4月26日改定)」も、いち早く情報を取得し、以前からのお客様に関しては、即座に永住許可申請の手続をすすめてまいりました。

これに対して、多くのお客様からはご高評を受けております。

◯特徴その5:永住権取得後も継続したフォローアップ体制でお客様に対応します。

当アスコット行政書士事務所にて永住権を取得されたお客様に関しては、今後も継続してフォローさせていただきます。

我々は単に在留資格(ビザ)関連業務として各種手続申請するのみではなく、たとえばお客様の会社設立のサポート(定款作成や認証手続きなど)など永住権取得後のサービスも取り組んでいくことを特徴としております。

アスコット行政書士事務所に頼んでよかったと言われるよう日々努力してまいります。

 

 

◆永住許可申請取得までの流れ

お問い合わせから永住許可取得までの流れを説明致します。

◎Step 1 : お問い合わせ

✉メール問い合わせのフォームやお電話にてお問い合わせください。

電話番号は、046-204-6101 です。

お客様の時間に都合に合わせて、打ち合わせの希望日時や場所をお伝え下さい。

◎Step 2 : 打ち合わせと見積り提示

打ち合わせは、お客様の元へ出向いて、又はご指定の場所で面談致します。時間は約60分です。

相談料金:初回無料、2回目以降¥5,000/1hr

この面談でお客様の詳細な状況を確認し、こちらから永住権取得の最適案の提示および見積金額の提示をさせていただきます。

注意)なお、申請者本人又は申請者の法定代理人(例:子どもの親)以外との面談および業務の受任は致しません。

◎Step 3 : 受任

最適案の説明や内容にご納得がいき、業務を依頼していただける時には、着手金として「料金の半額」を当事務所指定の銀行口座に振込または現金でお支払いください。

◎Step 4 : 申請準備(着手)

振込が確認され次第、提出資料の収集や外国文書の翻訳および申請書類の作成を行ないます。

◎Step 5 : 申請書類に署名および捺印

作成済の書類に申請者本人の署名および捺印(サインでも可)をお願い致します。

また、この時に申請のために「在留カード」および「パスポート」を預かります。

万が一、申請者本人が警察などの職務質問を受けても問題ないように、当事務所が証明する「預り証」を発行いたします。

申請書類を確認し、報酬の残額(残り半額)を振込送金または現金でお支払いください。

申請後すぐに、「在留カード」および「パスポート」をお客様に返却致します。

◎Step 6 : 結果通知

入管より結果が当事務所に通知されます。

再度、お客様の在留カードとパスポートを預かり、入国管理局で許可を受けます。

→在留カードは新在留カードと交換されます。

事務所から、お客様に許可を連絡します。

不許可の場合には、再申請が可能な場合は1回に限り無料で行います。

弊事務所の不手際で、不許可になってしまった場合は全額返金致します。