短期滞在ビザの取得 (Short Stay visa)

外国にいる家族を短期間でも良いので呼び寄せたい。商用,会議,観光,親族・知人訪問等で短期間、呼び寄せたいときには「短期滞在ビザ」の取得申請を行います。

査証(ビザ)の免除国と非免除国があります

現在、多くの国から日本に観光などで来日するには、査証(ビザ)は不要となっています。

しかし、ロシア、中国、CIS諸国、ジョージア、フィリピン、ベトナムなどの東南アジアの国々から来日するためには、未だに現地の日本大使館又は日本領事館が発行する査証(短期滞在ビザ)を取得しないと来日できません。

査証取得のための必要書類

これらの国々から商用,会議,観光,親族・知人訪問等で来日される方を対象に査証(短期滞在ビザ)を取得するためには、招へい人や身元保証人を証明する種類や渡航費用、帰国費用負担を証明する各種書類を収集し、日本大使館に提出する必要があります。

代表的な必要書類は以下のとおりです。

  • 身元保証書
  • 招へい理由書
  • 申請人名簿
  • 会社・団体概要説明書(招へいするのが法人の場合)
  • 滞在予定表

アスコット行政書士事務所の提供する代行サービス

こうした書類の作成・収集は、アスコット行政書士事務所で書類の作成・収集の代行サービスを行っています。

ただし書類の収集・作成のみを代わりに行うもので、現地にある日本大使館又は日本領事館への提出の代理は行いません。日本側ホストが用意する書類を作成収集するサービスです。

最近、マスコミを通じて報道されている不法滞在者は、この短期滞在ビザを取得し来日して不法滞在者になるケースが約70%を占めることから取得が厳しくなっています。

この機会に、当サービスをお申込みいただき、確実に短期滞在ビザを取得することをおすすめ致します。