国際結婚:フィリピン人と結婚するときの手続は

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

フィリピンは宗教上の制約があり、離婚はできないと言われていますが、それはフィリピン人同士の結婚であって、日本人とフィリピン人の間は離婚することができます。

また、フィリピン人同士は離婚できませんが、日本語でアナルメント 「annulment of a marriage」(婚姻無効の宣告)をすることにより、実質上離婚に近い状態まで持っていくことができます。

しかし、法律上は元の配偶者と結婚したままになるのです。

なぜ、詳しいかというと、最近この案件を依頼されたからです。

わたしだけではできないので、他のベテラン先生やフィリピンの弁護士を通してのお仕事でした。

料金やアナルメント成立までの期間も長期に渡るものです。

ところで、話を戻し、フィリピン人が結婚できる年齢は男女とも18歳です。

わたしの知るところでは、圧倒的に日本人男性とフィリピン人女性の結婚が多いです。

1)フィリピンで結婚手続をした後に日本で手続をする場合

1-1. 婚姻要件具備証明書の取得

まずは、フィリピンに渡り、婚姻要件具備証明書を取得します。

在フィリピン日本大使館で取得可能です。

申請の次の日には、婚姻要件具備証明書が交付されます。

1-2. 婚姻許可証の取得

次に、婚姻許可証の取得ですが、配偶者が居住する市区町村役場に申請します。

姻許可証の取得のためなので、婚姻要件具備証明書が必要です。

婚姻許可証には有効期間(120日)があります。

1-3. 挙式・婚姻証明書の取得

その後、挙式・婚姻証明書の取得を行いますが、婚姻証明書の取得のために、挙式を有効期間内(120日)に行ないます。

フィリピンでは、婚姻を挙行できる権限のある者が法律で決められています。(婚姻挙行担当者:裁判官や神父、牧師)

婚姻挙行担当者と成人二人以上の証人の面前で婚姻の宣誓を行い、婚姻挙行担当者と成人二人が婚姻証明書に署名し、これを婚姻挙行担当者が認証することにより婚姻成立となります。

その後に、15日以内に婚姻証明書がフィリピン市区町村役場に送られて、地方民事登記官により登録されます。

登録完了で婚姻証明書の謄本が取得可能となります。

1-4. 日本の市区町村役場に婚姻届を提出

最後に、フィリピンで婚姻成立後、3ヶ月以内に日本の市区町村役場に婚姻届を提出します。

わたしのおすすめは、できればフィリピンに短期ビザで渡航し、上記の手続を一挙に行ってしまうことです。

もちろん、日本にいるときから挙式までを考えておけば、後は実行するのみです。

2)日本で結婚手続をした後にフィリピンで手続をする場合

2-1. 婚姻要件具備証明書の取得

フィリピン人の婚姻要件具備証明書を在日本フィリピン大使館で取得します。

申請するときには、日本人とフィリピン人が二人で揃って窓口で申請をすることになります。

この時に必要な書類をフィリピンから取り寄せることが大変です。

出生証明書をPSA(最近NSOは名前をPSAに変えました)というフィリピンにある政府機関に取り寄せたり、同じく独身証明書などを取り寄せる必要があるからです。

2-2. 「認証済」出生証明書と「認証済」婚姻記録不存在証明書を日本の市町村役場に提出

婚姻要件具備証明書を取り寄せたら、これと「認証済」出生証明書と「認証済」婚姻記録不存在証明書を日本の市町村役場に提出します。

「認証済」出生証明書と「認証済」婚姻記録不存在証明書ですが、フィリピン外務省の認証がそれぞれ必要です。

フィリピンは、離婚も大変だが、結婚も大変という印象です。

それにもかかわらず、フィリピン人は平気で結婚したり、喧嘩して実質上別れたりしています。

話を聞いていると、いつも忙しいという感じがします。

3. まとめ

  • 日本人とフィリピン人の離婚は可能だが、手続が大変
  • できればフィリピンの弁護士に依頼してフィリピン側の手続を任せる方法もあり
  • フィリピンの弁護士に任せた場合、高額報酬も覚悟する