国際結婚:国際結婚するのに行政書士に結婚手続を頼む必要あるのか

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

1.国際結婚するのに、行政書士に結婚手続きを頼む必要あるのか?

行政書士は、偽装結婚などは例外として、困難な案件に対しては、アドバイスを与えたり、正確な記述をして安心な理由書を作成したり、良い方向に持っていってくれることは確かです。

外国人との結婚そのものが大変ですが、結婚の手続を行政書士に頼まなくても自分たちすることはもちろんできます。

各国大使館のHPやネットでも経験談を述べている人がいるので、つまずきながらもどうにか結婚はできると思います。

2. 「結婚すること」と「在留資格を取得して一緒に日本に住む」ことは大きく違う

しかし、「結婚すること」と「在留資格「日本人の配偶者等」を取得して一緒に日本に住む」ということは違うのです。

違うと言うのは、手続としても違いますし、困難度というか大変度が違います。

在留資格を取ることが、えらくしんどいのです。

3. 在留資格「日本人の配偶者等」の取得が難しいのは偽装結婚が多いから

では、何故か? それは簡単です。偽装結婚が多いからです。

試しに、Google ニュースで、検索窓に「偽装結婚」と入れてみて下さい。

毎日のように偽装結婚での逮捕者に関するニュースがあることがわかります。

4. 入国管理局はあなたの国際結婚を常に偽装結婚ではないかと考えています

では、なんで日本人との偽装結婚なんていうことを犯すのか。

5. 「日本人の配偶者等」には大きなメリットが有る

それは、いくつか理由があります。

  • 日本で制限なく働ける
  • 在留資格「日本人の配偶者等」を取得して信用を高められる
  • 在留資格「日本人の配偶者等」を取得すれば3年で帰化などの権利が見えてくる
  • ほぼどこにでも自由にいくことができる日本人のパスポートが取得できる可能性

などです。

変わったところでは、「家を売るために客と4回結婚」なんていうニュースネタになる事件を起こしている例もあります。

このような状況で、入国管理局は偽装結婚を初めからすべての案件で疑っています。

もちろんこれから入国管理局に持っていく あなたのその申請書に対しても同じです。

増える偽装結婚に対して入国管理局は審査を厳しくするほか手立てはないのです。

6. 不許可時には次回申請のためのアドバイス等をもらう

特に一度不許可になった場合などの再申請時には、行政書士に普段の生活へのアドバイスを受けたり、再申請時理由書の作成などを行ってもらったほうが、良いと思います。

アスコット行政書士事務所でも、アドバイスや申請書類の作成などを行っております。

確実に申請し、許可されるために利用してみてはいかがでしょうか。

7. まとめ

  • 国際結婚するのに、行政書士に結婚手続きを頼む必要あるのか→大いにある。
  • 「結婚すること」と「在留資格を取得して一緒に日本に住む」ことは大きく違う。
  • 入国管理局はあなたの国際結婚を常に偽装結婚ではないかと考えている。
  • 「日本人の配偶者等」には大きなメリットが有る。
  • 不許可時には行政書士に次回申請のためのアドバイス等をもらう。