国際結婚:将来の夫が仕事の関係で単身赴任になりますが、ついて行く必要あるのですか

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

日本では、夫の転勤があると、子どもの学校の都合もあり、かなりの割合で単身赴任という方法をとりますが、外国人の場合にはどうなのでしょうか。

そこで、外国人の夫と日本人の妻の場合を考えて、国際結婚でも単身赴任って成り立つのかを考えてみましょう。

1. 国際結婚においては結婚の実体が重視される

日本人同士の結婚と違い、国際結婚では結婚の意思があり、お役所への婚姻届を済ませるだけではすみません。

では、その実体とは何でしょうか。

2. 結婚の実体とは夫婦の同居

例えば、夫婦の同居がそれに当たります。

通常、夫婦は同居して夫婦生活を営むものであり、法務省は「別居」を普通の状態とは考えません。

(外国人の夫・妻の場合でも、いきなり結婚したときから単身赴任は納得しないと思います)

3. 別居は偽装結婚の疑いの対象

つまり、国際結婚をしていると言っても、別居していれば、それは疑いの対象になるということです。

この質問のように、近い将来、夫になる人が遠方の営業所に転勤し、単身赴任となるような場合、かつ、それが国際結婚である場合には、次のようにアドバイスをしています。

「ちょっと無理をしてでもついて行くこと」です。

一昔前から、日本のドラマなどでは、通婚(かよいこん)とか週末婚などの言葉が踊っています。

しかし、配偶者ビザを取得しようと考えている二人にとっては、あまり良い選択肢ではありません。

4. 単身赴任せざるを得ない時には「誰でも納得するような理由」が必要

しかし、万が一、そのような事態になった時は、当然会社から転勤の辞令をもらって入管に提出することはもちろんですが、単身赴任とならざるをえない合理的な理由が必要です。

「合理的な理由」(法律を学んでいるとよく出てくる言葉です。)とは、誰でも納得するような理由のことです。

「そんなこと、大きなお世話だ」という人も多いと思いますが、何故こんなことが求められるかと言うと、偽装結婚が多く、形だけの結婚により配偶者ビザの恩恵を受けようとする外国人(もちろん犯罪です)が多いからなのです。

偽装結婚を企てている人からすると、好きでもない人と同居してまで配偶者ビザを取得することは相当なストレスになるはずです。

抑止力であると考えているからです。

5. まとめ

  1.  偽装結婚を疑われないためにも、同居を一番の選択肢として考えること
  2. それでも、単身赴任になってしまうときには、誰が聞いても納得するような合理的な理由を提出することが重要

期間限定 電子書籍「知らないと損をする 永住権に関する新常識 第2版」をプレゼント

「永住権を取りたい」

「永住許可申請について手軽に知識を身につけたい」

そのようなあなたを対象に
電子書籍「知らないと損をする永住権に関する新常識」として大幅改定しました。

この電子書籍をゲットして永住権について、正しい知識を理解しましょう。

このプレゼントは、2018年8月31日をもって終了致します。

※ダウンロードしていただいた皆様は、当事務所のブログ「ビザ帰化サポートブログ@アスコット」の購読者として登録されます。

登録を希望されない方は、簡単な操作で解除することもできます。