国際結婚:国際結婚でお互いの名前はどう変わるの

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

最近、テレビを見ていると報道番組で、「夫婦同性・別姓」の問題が取り上げられています。

しかし、いまのところ日本人の結婚の場合、夫婦同姓ということなので、どちらかの氏(Family name)を名乗ることになります。

国際結婚すると、夫、妻はそれぞれどのように変わるのでしょうか。

1. 日本での国際結婚の場合(原則)

日本での国際結婚の場合には、外国人は戸籍がないために、日本人配偶者の場合には結婚前の氏を使い続けることになります。

つまり、日本人配偶者の場合、夫婦別々の名前を名乗ります。

2. 日本での国際結婚の場合(例外)

これでは、名前から夫婦であることがわかりません。

そこで、結婚により名字を変えたいときには、結婚から6ヶ月以内に「外国人配偶者の氏への氏変更届」を提出することになります。

これにより、日本人は、外国人配偶者の名字を使うことができます。

戸籍の名字を変更することができるということです。

子どもが生まれても、子供の名字は親と同じものを使います。

3. 国際結婚の離婚時

離婚した場合には、黙っていても元の名字には戻りません。

離婚から3ヶ月以内に「氏変更届」を出す必要があります。

外国人配偶者が日本人の名字に変えたい場合には、「通称名」の変更申請をすることになります。

これにより通称名は変更できますが、本名は変わりません。

4. まとめ

 

国際結婚の場合、なにもしないと夫婦の名前はそれぞれ結婚前と変わらない。

結婚により名字を変えたいときには、結婚から6ヶ月以内に「外国人配偶者の氏への氏変更届」を提出する。

離婚した場合には、離婚から3ヶ月以内に「氏変更届」を出す必要があります。

外国人配偶者が日本人の名字に変えたい場合には、「通称名」の変更申請をすることになります。

期間限定 電子書籍「知らないと損をする 永住権に関する新常識 第2版」をプレゼント

「永住権を取りたい」

「永住許可申請について手軽に知識を身につけたい」

そのようなあなたを対象に
電子書籍「知らないと損をする永住権に関する新常識」として大幅改定しました。

この電子書籍をゲットして永住権について、正しい知識を理解しましょう。

このプレゼントは、2018年8月31日をもって終了致します。

※ダウンロードしていただいた皆様は、当事務所のブログ「ビザ帰化サポートブログ@アスコット」の購読者として登録されます。

登録を希望されない方は、簡単な操作で解除することもできます。