在留資格「介護」の創設についての追加発表がありました

2017年3月8日に法務省入国管理局のホームページに、「平成28年入管法改正について」と題して「在留資格「介護」の創設について」の追加の発表がありました。

典型的な流れとして、現在、外国に住む人が、近い将来、留学生として国内の介護福祉士の養成施設で学び、国家試験「介護福祉士」を受けて合格し、介護の業務に従事するまでを簡単に解説しています。

在留資格介護の流れ

ということで、介護福祉士の試験に合格後、在留資格「留学」から在留資格「介護」に変更して業務につくという流れです。

特別に新しい情報はありませんでしたが、在留に問題なければ、

在留期間の更新に制限はないことや

その介護従事者に家族(配偶者や子ども)がいれば、在留資格「家族滞在」で日本で一緒に住むことも可能ということです。

明日のブログは、もう一つの話題「偽装滞在者対策の強化」です。

お楽しみに!