映画「ペンギン夫婦の作り方」で帰化申請について知ろう

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

みなさんは、映画をよく観ますか?

私は、2~3ヶ月に1回くらいは映画館に行きます。

主に、SF映画やスリラー映画、アクションものが多いですね。

最近では、家にいても最新の映画をネットなど回線を使って観ることができて大変便利になっています。

1. 映画「ペンギン夫婦の作り方」

Amazonのページにリンクします。

さすがに元旦から、むずかしい入管法の知識はおいといて、今日は映画「ペンギン夫婦の作り方」についての御紹介です。

映画「ペンギン夫婦の作り方」は 2012年10月20日に劇場公開された日本映画で、監督 平林克理、主演 小池栄子、ワン・チュアンイーが出演しています。

あらすじは、爆発的なブームを呼んだ「食べるラー油」の「石垣島ラー油」を生み出した夫婦のきずなをつづるハートフル・ドラマ。

2. 帰化許可申請に関する映画でもある

実在する辺銀愛理さんの自伝本「ペンギン夫婦がつくった石垣島ラー油のはなし」を原案に、国際結婚カップルの帰化申請にまつわる一連の話や、名物ラー油の誕生秘話を描いています。

石垣島の食材を使ったおいしそうな料理の数々にほっこりするそんな映画に仕上がっています。

3. 帰化と国際結婚

ところで、当ブログがこの映画をオススメする理由ですが、やはりそこは「国際結婚カップルにある最大の問題である偽装結婚-帰化」を面白おかしく、でも、実際にあるような法務局との面接ややり取りを描いています。

はっきり言って実務には使えませんが、いかに法務局が国際結婚を厳しくみているか、逆に言うと国際結婚する夫婦の側がいかに安易に国際結婚を考えているか、考えさせられる映画です。

みなさんも時間があれば、観てみることをおすすめします。

4. 石垣島ラー油はAMAZONで購入可

私は、AMAZONで中古DVDを購入して観ました。

それにしても、題材になった「石垣島ラー油」ですが、これまた、AMAZONで購入できるのですね。

石垣島ラー油