2月10日から中国入国時に外国人は指紋採取されるようになりました

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

2月9日に中国公安部から在上海日本総領事館を通して、つぎのような発表がありました。

外国人の中国入国時において指紋採取が行われます」2月10日から深セン空港において試験的に開始され,その後順次拡大されるとのことです。

上海では未定ですが、少なくとも10日から開始することはないとのことです。

対象は、中国に入国する満14歳から満70歳までの外国人です。

当然のことですが、日本人も対象で、中国に入国される方は,今後,この措置が開始された空港等においては,中国での入国審査の際に指紋採取が求められることになります。

最近は、中国もテロなどの国際犯罪には敏感になっていたり、広東省のアフリカ人に手を焼いているようなので、取締の一環でもあると思われます。

中国を訪問される方は、いつものようにご注意を!

期間限定 電子書籍「知らないと損をする 永住権に関する新常識 第2版」をプレゼント

「永住権を取りたい」

「永住許可申請について手軽に知識を身につけたい」

そのようなあなたを対象に
電子書籍「知らないと損をする永住権に関する新常識」として大幅改定しました。

この電子書籍をゲットして永住権について、正しい知識を理解しましょう。

このプレゼントは、2018年8月31日をもって終了致します。

※ダウンロードしていただいた皆様は、当事務所のブログ「ビザ帰化サポートブログ@アスコット」の購読者として登録されます。

登録を希望されない方は、簡単な操作で解除することもできます。