福島で除染作業をすれば「ビザ延長される」と難民申請者に虚偽勧誘

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

2017年3月8日付中日新聞Webの記事「難民申請者に除染作業 「ビザ延長される」と虚偽勧誘」から

バングラディッシュからの難民申請者2名に対して、「(放射能の)除染に従事すればビザが延長される」と虚偽の話を持ちかけて、福島第一事故の除染作業で働かせていた悪質な仲介者や派遣会社を名乗る男性を近く、入国管理局の難民認定室が調査にのりだす。

中日新聞に証言したのは、バングラデシュ人のホセイン・モニーさん(50)とホセイン・デロアルさん(42)の2名。

ともに母国の野党バングラデシュ民族主義党の有力な支援者で「政府の迫害」を理由に2013年、それぞれ日本に難民申請したとのことです。

問題のあった除染作業が行われたのは、2014年末、日本に住むバングラデシュ人の男性に人材派遣会社を名乗る人物を紹介され「除染は人が足りず、ビザが延長される」と説明を受けたのが始まり。

この人物を通じて名古屋市の建設会社に採用され、2015年1~3月ごろまで、福島県飯舘村で除染作業に従事。

建設会社側も「除染は国の仕事だからビザが延長される」と話していたといいます。

二人を雇った名古屋市の建設会社はすでに福島市にあった営業所を引き払い、名古屋市内の会社所在地では、取材に応じることなく、実態はなくなっている模様。

いくら除染作業の作業員が集まらなくても、このような虚偽の勧誘で人を雇ってはいけません。

よく建設業界では、外国人の扱いが良くないとの噂を聞きますが、これもほんの一握りの事件なのでしょうか。

これからオリンピック開催に向かって、多くの建設現場で日本人や外国人も仕事をするのでしょうが、このようなことは無いように気を引き締めてほしいものです。

期間限定 電子書籍「知らないと損をする 永住権に関する新常識 第2版」をプレゼント

「永住権を取りたい」

「永住許可申請について手軽に知識を身につけたい」

そのようなあなたを対象に
電子書籍「知らないと損をする永住権に関する新常識」として大幅改定しました。

この電子書籍をゲットして永住権について、正しい知識を理解しましょう。

このプレゼントは、2018年8月31日をもって終了致します。

※ダウンロードしていただいた皆様は、当事務所のブログ「ビザ帰化サポートブログ@アスコット」の購読者として登録されます。

登録を希望されない方は、簡単な操作で解除することもできます。