永住申請要件とは-素行善良要件,独立生計要件,国益要件,身元保証人の確保など考慮すべき点が多い

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

在留資格「永住者」は、就労、在留期間のいずれも制限されないという点で、他の在留資格と比べて大幅に在留管理が緩和されています

反面、通常の在留資格の変更よりも慎重に審査されることから、他の在留資格の変更許可手続とは違った規定が設けられています

具体的には、これから説明するような他の在留資格にはない要件をクリアすることが必要です。

つまり、永住許可申請では在留資格の変更や更新では、あつかわない書類が発生するということになります。

今回はその永住者許可申請に必要な要件をまとめて見てみましょう。

最初に、入管法では永住許可について、どのようなことを求めているかをチェックです。

1. 永住許可の法律上の要件とは

入管法第22条第2項では、永住許可の法律上の要件について以下のように規定しています。

法務大臣は、その者が次の各号に適合し、かつ、その者の永住が日本国の利益に合すると認めたときに限り、これを許可することができる。ただし、その者が日本人、永住許可を受けている者又は特別永住者の配偶者又は子である場合においては、次の各号に適合することを要しない。
一 素行が善良であること。
二 独立の生計を営むに足りる資産又は技能を有すること。

たったこれだけしか、永住許可要件について言及されていません。

これらの条文から、要件として次のような項目が必要だとわかります。

  1. 素行善良要件
  2. 独立生計要件
  3. 国益要件

の3つが必要であると定められています。

しかし、1つ目の素行善良要件をみても、その中にはさらに3つの小項目が含まれています。

この3つは大雑把な項目なんですね。

2. その他の要件

実際の永住許可申請では、上記3つの関連書類だけでは不十分です。

さらに、入管の求める必要書類から事実上の要件とされるものがあり、それらも加わるために、永住許可取得は難しいとされています。

その事実上の要件とは、「身元保証人の確保」です。

詳しくはあとで解説しますが、1つ目の要件「素行善良要件」からみてみましょう。

3. 素行善良要件とは

一言で言うと、法律を遵守し、日常生活においても住民として社会的に非難されることのない生活を営んでいることです。

もう少し、具体的な話をすると、日本の法令に違反して、懲役、禁錮又は罰金に処せられたことがないことを言います。

「えっ! 罰金もだめなの?」という人もいるでしょう。

例えば、自動車でのスピード違反

法定速度をオーバーして罰金や免許停止なんていう人も…。

結論から言うと、1回のスピード違反ではこれに当たりません。セーフです。

明確な基準みたいなものはありませんが、4~5回以上の繰り返し不許可理由になってしまいます

また、素行善良要件に中には、家族で永住許可申請をするときのために、子供が少年法による保護処分が継続中の場合には永住許可申請できない事になっています。

受け取ってくれますが、即アウトです。

素行善良要件に関しての詳しい解説は下記の記事をチェックしてください。

永住申請要件 1 素行善良要件について詳細に解説しています。

4. 独立生計要件とは

法務省の定義によると、「日常生活において公共の負担にならず,その有する資産又は技能等から見て将来において安定した生活が見込まれること」とされています。

生活保護を受けておらず現在や将来において「自活」可能と認められる必要があります。

詳細については、別の記事で解説しますが、独立生計要件は、必ずしも申請人本人が満たしている必要はなく世帯単位で安定した生活が続けることができると認められれば良いとされています。

つまり、夫ばかりではなく、妻や同一世帯人であれば、その収入を合算し、世帯の人数が安定した生活をおくることができるような状態(年収)であれば良いとされています。

独立生計要件に関しての詳しい解説は下記の記事をチェックしてください。

永住申請要件 2 独立生計要件とは、どのような意味なのか詳しく解説!

5. 国益条件とは

国益要件を一言で言うと、「日本国の利益に合すること」になりますが、これではあいまいでわかりませんね。

もう少し具体的に言うと、

  • 「日本に10年以上居住していて就労資格または身分系在留資格で5年間以上在留していること」といういわゆる「居住要件」も国益要件の一つです。
  • 在留資格について、「最長の在留期間をもっている」ことも国益要件の一つです。
  • また、納税義務等公的義務を履行していることも国益要件の一つです。
  • さまざまな感染症や非合法薬剤の使用や慢性中毒を禁ずる公衆衛生要件も国益要件の一つです。

国益要件とは、その名の通り積極的に日本国の国益になるものや、逆に国益に反するようなものも不許可にする意味で国益要件にされています。

国益要件に関しての詳しいことを知りたい方は、下記の記事をチェックしてください。

永住申請要件 3-1 国益要件/居住10年要件とは/日本に何年住めば永住権がとれるのか/みんなが一番興味津々

永住申請要件 3-2 国益要件/在留期間の要件とは何なのか?

永住申請要件 3-3 国益要件/納税義務等公的義務履行要件/税金年金健康保険料を支払うことは難しいが重要

6. 身元保証人の確保

日本人又は永住者の身元保証人があることとされています。

これも、提出書類が求められていることから事実上の要件とみて良いでしょう。

身元保証人の職業、年収などが問われます。

しかし、一般的な「連帯保証人」のような強い保証を求めるものではありません。

この「身元保証人」も、はじめは見つけることに楽観視する人が多い項目です。

しかし、現実は甘くありません。

いざという時に多くの日本人は「Yes」といってくれません。

これに関しても、下記の記事が参考になります。

永住申請要件 4 -身元保証人とは/その道義的責任とは何なのか?

7. まとめ

  • 入管法第22条第2項では、永住許可の法律上の要件について、善良素行要件、独立生計要件、国益要件の3つが大項目としてあげられているだけである。
  • 実際には、善良素行要件として懲役禁錮罰金、軽微な違反の繰り返しの場合、少年法の扱いなどがあげられる。
  • 同様に国益要件といっても、居住要件(原則10年居住5年以上就労)や最長の在留期間、納税義務等公的義務要件、公衆衛生要件などがある。
  • さらには、提出書類から身元保証人の確保など実質上の要件がある。
  • 永住許可申請を行うには、これらを証明する提出書類を効率的に作成または収集して、入管に提出することが必要である。

8.好評の永住権要件シリーズは以下の記事を御覧ください

永住申請要件 1 素行善良要件とは/違法違反行為はしない

永住申請要件 2 独立生計要件とは/安定した年収を確保し生活保護を受給しないこと

永住申請要件 3-1 国益要件/居住10年要件とは/日本に何年住めば永住権がとれるのか

永住申請要件 3-2 国益要件/在留期間の要件とは-最長の在留期間「5年」か「3年」でも可

永住申請要件 3-3 国益要件/納税義務等公的義務履行要件/税金年金健康保険料を支払うこと

永住申請要件 3-4 国益要件/公衆衛生要件/有害となるおそれがないこと

永住申請要件 4 -身元保証人とは/その道義的責任とは

期間限定 電子書籍「知らないと損をする 永住権に関する新常識 第2版」をプレゼント

「永住権を取りたい」

「永住許可申請について手軽に知識を身につけたい」

そのようなあなたを対象に
電子書籍「知らないと損をする永住権に関する新常識」として大幅改定しました。

この電子書籍をゲットして永住権について、正しい知識を理解しましょう。

このプレゼントは、2018年8月31日をもって終了致します。

※ダウンロードしていただいた皆様は、当事務所のブログ「ビザ帰化サポートブログ@アスコット」の購読者として登録されます。

登録を希望されない方は、簡単な操作で解除することもできます。