永住申請要件 3-2 国益要件/在留期間の要件とは-最長の在留期間「5年」か「3年」でも可

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

今回は永住許可のための在留期間の要件です。

そんなに難しい要件ではありません。

でも、日本に来たばかりの頃は、なかなかこの要件を満たすことはできません。

在留資格や日本での活動によっては、信頼を得ることができず、在留期間が3年や5年になることは難しいのです。

そのような理由もあり、10年近く日本に住んでいても、この要件が満たせず永住許可申請ができないという外国人の方もいるのです。

今回はそんな要件をチェックします。

1. 最長の在留期間をもって在留していること

「現に有している在留資格について、出入国管理及び難民認定法施行規則別表第2に規定されている最長の在留期間をもって在留していること。」

例示の在留カードの写真で言うと、「在留期間(満了日)4年3月」の部分です。

これは、「6月」「1年」などの比較的短期な在留期間では、永住許可申請できないことを意味しています。

2. どのくらいの在留期間が必要か?

どのくらいの在留期間が必要なのか?についてですが、その前に、ほとんどの在留資格について最長「5年」があります。

しかし、この規定が定められたときには、「3年」が最長だったので、当面、在留期間「3年」を有する場合は、「最長の在留期間をもって在留している」ものとして取り扱うこととするとして運用されています。

結局、在留期間「3年」を持っていれば満たされることになっています。

この規定ですが、入国管理局の気が変わって「5年」のみを最長とすると変更される可能性があるので、今のうちに永住許可申請をすると良いかもしれません。

3. まとめ

  • 永住許可申請の要件である在留期間の要件とは、最長の在留期間をもって在留していることである。
  • 実際のところ、「3年」であれば、OKとされている。
  • しかし、いつ「5年」に変更されるかわからないので、注意が必要である。
  • 「健康であること」について、日本で末永く健康保険にできるだけ頼らずに生活するには、健康であることが要求されています。
  • だだし、公衆衛生上有害となるおそれある疾病に罹患していないことが明らかである場合には不要です。

4.好評の永住権要件シリーズは以下の記事を御覧ください

永住申請要件とは-素行善良要件,独立生計要件,国益要件,身元保証人の確保など考慮すべき点が多い

永住申請要件 1 素行善良要件とは/違法違反行為はしない

永住申請要件 2 独立生計要件とは/安定した年収を確保し生活保護を受給しないこと

永住申請要件 3-1 国益要件/居住10年要件とは/日本に何年住めば永住権がとれるのか

永住申請要件 3-3 国益要件/納税義務等公的義務履行要件/税金年金健康保険料を支払うこと

永住申請要件 3-4 国益要件/公衆衛生要件/有害となるおそれがないこと

永住申請要件 4 -身元保証人とは/その道義的責任とは