永住者になれば住宅ローンを利用したりクレジットカードがつくれますか

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

永住者に関して次のような質問がありました。

「永住者になれば住宅ローンを利用してお金を借りることできますか?」

中長期で日本に在留している外国人が生活に余裕が出てくると、この問題が発生して来ます。

日本語のレベルが日本人並みに上手くなった外国人がこの質問をよせて来ることがあります。

それだけ日本で長く生活していると、最大の出費である住宅取得の問題にぶつかるのです。

1. 住宅問題は重大な問題です

確かに、住宅の問題は日本人にとっても重大な問題です。

保証人の問題があるからです。

なかなか、日本人同士でも保証人になってくれることはありません。

2. 保証人は保証会社に依頼することもある

そのために、保証会社があり、保証会社に高額の掛け金のような手数料を支払い、保証人になってもらう制度が一般的に使われています。

本題に戻りますが、外国人でもこの保証会社の制度が使えるかですが、相当難しいものと思います。

はっきり言って私は外国人ではないでのその困難さは言えませんし、表現できません。

3. 永住権を取得すると保証会社に依頼しやすくなる

一般的には、永住権を取得すれば住宅ローンが借りやすくなるということです。

銀行からの信用も上がり、日本人の使用している低金利の住宅ローンが借りられる方向に向かうことは想像に難くないです。

自分の自宅用のローンだけでなく、不動産投資のためのローンも借りやすくなります。

4. 永住権を取得したからと言って必ず住宅ローンを借りられるわけではない

しかし、永住権を取ったからと言って、必ずしも住宅ローンを利用できるわけではありません

あなたの金のストックとフローが審査の対象になります。

つまり、貯金・預金などのためているお金(ストック)毎月給料などで入ってくるお金(フロー)の安定性が重要です。

特にフロー(毎月の給料など)の安定性は非常に重要視されます。

あなたが、大企業で働くサラリーマンであれば、安定した給料が見込めますが、個人事業主の場合には浮き沈みが激しい業界もあり、むずかしい一面もあります。

このように、住宅ローンを利用するには、お金の出入りの安定度が必要なのです。

在留資格「永住者」を取得し、その後、世の中の低金利や自分の給料の安定度を見て、銀行などに住宅ローンを申し込むことがよいでしょう。

5. クレジットカード

住宅ローンの場合と同様に、クレジットカード作りやすくなります

クレジットカードといっても、ピンからキリまでありますが、一部富裕層向けのカードも作ることができるようになります。

これも永住者になった一つの特権と言っていいのではないでしょうか。

6. まとめ

  • 外国人にとって住宅を買ったり借りたりすることは難しい
  • 保証人は保証会社に依頼することもある
  • 永住権を取得すると比較的に保証会社に依頼しやすくなる
  • 永住権を取得したからと言って必ず住宅ローンを借りられるわけではない
  • クレジットカードもつくりやすくなる