永住と帰化の違いとは-同時に申請していいのですか/同時申請はすすめられない

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

永住帰化は何が違うのですか?」

この違い、あなたはわかりますか?

両方ともに、日本国内に長期間住むことができるし、就労や職業選択の自由もあるし、何もなければ大差ないようにみえます

でも、永住者になることと帰化する(帰化者になる)ことは、次元がまったく違うことなのです。

何が大きく違うのか見ていきましょう。

まずは、簡単なところから。

1. 申請を受け付けるお役所が違う

分かりやすいところでは、それぞれを担当する日本のお役所が違います。

永住許可申請は在留資格と同じ入国管理局です。

一方、帰化許可申請は、法務局です。

更にいうと、入国管理局法務局の上級行政機関(上のお役所)は、法務省であり同じところになります。

つまり、同じ法務省の管轄なのですが、あつかっている内容が違うのです。当たり前ですが (^_^;)。

お役所が違うということは、その本質や意味が違うということなのです。

では、それらの違いの本質はなにか?

2. 帰化とは何か、永住とは何か

2-1. 帰化とは

帰化とは、簡単に言うと、「日本人になること」です。

外国籍を離脱し、日本の国籍を取得することにより、帰化できるのです。

日本は、基本的に二重国籍を許していません

ある年齢に達するまでに、国籍を選択肢なければなりません。

国籍選択可能年齢については、以下の記事を参考にして下さい。

一方、永住権取得しても、あくまでも外国人のままなのです。

よって、帰化すれば、日本人とみなされるので、選挙権や被選挙権が与えられ、選挙になれば投票にいくことができます

もちろん、立候補もできます。

パスポート日本のものが与えられます。(外国のパスポート返還しなければいけません)

2-2. 永住とは

一方、永住というのは、外国籍でありながら、日本に長期間在留することができます。

在留期間は、「無期限」とされています。

つまり、永住者は、日本から見ると、あくまでも外国人なのです。

しかし、永住者になるメリットは大きいのです。

永住権のメリットについては、「永住許可の6つのメリットとは」を参照して下さい。

3. 帰化と永住では変わらないこともある

在留資格「永住者」を取得すれば、在留期間の更新を気にすることなくかつ就労について何ら制限を受けることがなくなります

信用も得られ、銀行で開業資金住宅ローンなどの融資を受けることも可能になってきます。

これらは、帰化しても同じです。

どちらの場合も、短中期在留の外国人とは違い、信用が高くなります

4. 永住権を簡単に失うこともある

永住権や帰化ですが、それぞれ、その権利を失うことがあります。

比較すると、永住権を失うほうが、ハードルが低いとされています。

永住の方が、簡単に失ってしまいがちです

例えば、再入国許可を事前取得したとしても、外国に5年を超えて滞在していると、失うことになります。

意外と簡単に、永住権を失うことがあります

詳しくは、ブログ「永住者の在留資格も取り消しされることはあるのですか」を御覧ください。

5. 結局、帰化と永住のどちらを選ぶのか

永住と帰化の許可申請要件は、違う部分があります。

居住要件だけを比較すると、帰化の方が簡単です。

帰化するか永住権を取得するかは、以下のような個人の人生観や価値観、生活状況などで、判断することになります。

5-1. 永住を選ぶ理由

価値観でいうと、自分の母国の国籍から離脱することに抵抗感をおぼえる人であれば、永住許可申請をすることがおすすめです。

あくまで、母国の国籍を維持できます。

5-2. 帰化を選ぶ理由

生活しているなかで、進学などで学校が変わるときや、就職、結婚などの節目において、日本人として「入学」、「就職」、「結婚」しておきたいとき、周りや他人の目が気になるという方には、帰化申請が良いと思います。

外国人であることに周りの目が気になるようであったり、精神的には日本人になっていると感じているときには「帰化」をおすすめします。

特に結婚は、配偶者の国籍の問題も絡んでくるので、結婚前に日本に帰化しておけば、日本人を配偶者とする場合には、国際結婚にはならず、子どもの国籍も日本人であり、後に変更することもありません。

このようなメンタルな面からどちらかを選択するということが、判断のポイントです。

6. 永住申請と帰化申請は同時に申請していいのか

同時申請ですが、おすすめしていません

上述した内容から分かる通り、永住と帰化は全く違うのです。

その意味合いを理解せず、「どちらでもよい」という人がいることも事実です。

就労の制限がないことや、日本での信用が上がることに変わりないからです。

しかし、同時申請を日本政府や法務省からみると、「この申請人は、日本人になりたいのか、外国人として日本への永住権を求めているのか」と疑問を持つことになります。

これを法務省が知ったら、きっと両方共不許可になるでしょう。

幸いにも当事務所から同時申請した人はいません。

7. まとめ

帰化と永住の違いとは

  • 担当しているお役所が違う(帰化は法務局、永住は入国管理局)。
  • 帰化はあくまで日本国籍を取得し「日本人になること」、永住は外国人として日本に住むこと。
  • 帰化するか永住権を取得するかは、個人の人生観や価値観、生活状況などで判断することになる。
  • 同時申請はおすすめしていません。