過去に不法滞在者だったのですが永住許可申請できますか

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

いまは、日本人と結婚したり、日本の会社に就職したりして、真面目に暮らしていても、過去には不法滞在者であったという外国人の方は以外に多いものです。

当事務所にも、「以前、オーバーステイしたことがありますが、永住申請できますか?」という質問は常に聞かれるものです。

日本は、得意にオーバーステイの外国人が多く、法務省発表の資料や新聞などで、度々放送されるからです。

不法滞在者は永住許可申請できないのでしょうか?

考えてみましょう。

1. 過去に不法滞在者であったことは不利にはなるが永住者申請できないわけではない

過去に不法滞在者であった履歴があると、当然のように在留資格審査は厳しくなってきます。

だからといって、永住許可申請ができないということではありません

入管法には、永住許可の拒否理由として「不法滞在」はあがっていません

2. 「原則10年在留に関する特例」も適応できる

また、一般的には在日を継続して10年で、永住許可申請できますが、この10年がさらに長くなるということも、法律には定められていません。

ということは、「原則10年在留に関する特例」も適応できるということです。

例えば、不法滞在者として在日していたが、日本人と結婚し「日本人の配偶者等」として、「実体を伴った婚姻生活が3年以上継続し、かつ、引き続き1年以上日本に在留して」いれば、3年で永住許可申請ができるということです。

3. 永住許可が下りるまで時間や手間が掛かることは覚悟する

ただし、審査内容が厳しく見られることがあるので、当然、偽装結婚が疑われたり、永住許可の要件である「素行要件」や「生計要件」が他の人に比べて多少厳しくみられたり、許可が出るまでに時間がかかったりすることは覚悟しておいたほうが良いと思います。

特別に理由書なども求められることも十分に予想されます。

ポイントとしては、永住権を取得する者としてどれだけ安定した生活を送っているかということになります。

永住者許可を考え始めたときには、特に行政書士のご活用をすすめています

なかなか、あなた1人での申請は厳しいものがあります。

行政書士に、現在のあなたの状況を話して、永住者申請許可に足りないことや改善点をアドバイスしてもらうのです。

生活や素行を改めて、永住者申請に挑戦するのです。

4. まとめ

  • 過去に不法滞在者であったことは、不利にはなるが永住者申請できないわけではない。
  • 「原則10年在留に関する特例」も適応できる。
  • 永住許可が下りるまで時間や手間が掛かることは覚悟する。
  • 永住者許可を考え始めたときには、行政書士の利用を考え、現在のあなたの状況を話して、永住者許可に足りないことや改善点をアドバイスしてもらう。