永住者が日本人と結婚すると日本国籍取得できますか/永住と帰化の違い

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

2018年は、サッカーワールドカップがロシアで開催されて、日本代表の活躍が目立った年でした。

それに加えて、フランスチームから出てきた19歳、背番号10のムバッペ

覚えていますか?

見事なゴールでした。みましたか?

ものすごい才能をもった若者です。

ここまで活躍するとは、正直考えていませんでした。

彼のような選手が、日本チームにいたなら、ベスト4にもいけたのでは、と思うような素晴らしい活躍ぶりでした。

ところで、第二次世界大戦時に行われたワールドカップでは、ドイツがアルゼンチン選手3名を帰化させて、ドイツチームの優勝を狙うようなことが行われました。

ナチス政権下の話です。

基本的には、過去にアルゼンチン代表に選ばれていない状態で、ドイツに帰化すれば、ドイツの代表チームに参加できるようですが…。

ブラジルのラモス瑠偉などの例が、日本人にはわかりやすいかもしれません。

ところで、本日は最近の質問から、永住と帰化についての話題を取り上げて説明します。

質問は、ズバリ「永住者が日本人と結婚すると日本国籍取得できますか?」です。

1. 日本の国籍を取得するということ

永住者が日本人と結婚すると日本国籍取得できますか-1

外国人が、日本国籍を取得するということは、どういうことなのでしょうか。

答えは、簡単です。

法律上、「日本人になる」ということなのです。「帰化する」とも言います。

日本では、二重国籍は許されていないので、以前の国籍を放棄することになります。

手順的には、日本国籍を取得後に、以前の国籍を放棄することになるのです。

この順番を間違ってしまうと、万が一、何かの理由で、日本国籍の取得ができなかったときには、「無国籍者」になってしまいます。

ご注意を!

話を戻しますが、帰化とは「日本人になる」ことですから、

  • 名前も日本名に変えることができます。
  • パスポートなども日本のものがもらえます。
  • 衆議院選挙、参議院議員選挙や地方自治体(都道府県、市区町村)などの長や議員を選出する選挙で、投票できますし、立候補することも可能です。

2. 日本国籍を取得するには帰化許可申請

この帰化許可申請各地方法務局に対して、行うことになります。

1~2年後に、許可されれば、帰化したことになります。

実は、帰化許可申請の条件(要件)は、永住者に対して、比較的優しいものとなっています。

下記の記事を参考にしてください。

取り扱うお役所が違うので、審査基準に関連性がないのです。

言い換えると、永住者、帰化どちらでも良いという方には、取得のしやすさからいうと帰化なのです。

3. 永住者との違いは

一方、在留資格「永住者」は、あくまでも外国人です。

もし、あなたの母国が中国であれば中国人ですし、米国であればアメリカ人であり、変わりありません。

選挙権もありませんし、パスポートなども母国が発行したものとなります。

4. 日本人との結婚の意味は

そこで、今日の本題に戻り、永住者が日本人と結婚することは、どのようなことを意味するのでしょうか。

結論から言うと、「永住者と日本人との国際結婚」という意味合いしかありません

つまり、永住者である外国人は外国人であり、相手の日本人はあくまでも日本人です。

ただ、日本人と外国人が国際結婚しただけです。

将来、こどもが二人の間にできたときには、こどもが生まれた国の法律に従います

たとえば、日本で生まれれば、血統主義なので、両親のどちらかの国籍になります。

また、アメリカで生まれれば、アメリカの国籍取得も可能ですし、日本人の国籍も、更に外国人の親の国籍も可能な場合があります。

結局は、両親の国の法律や生誕地の法律に従うことになります。

国籍選択については、以下の記事を参考にしてください。

5. まとめ

永住者が日本人と結婚しても日本国籍取得できません。

  • 永住者はあくまで、外国人のままであり、日本人になるには「帰化許可申請」が必要。
  • 日本人との結婚に国籍が変わることは一切ない。
  • 二人の間にできたこどもの国籍は、両親の母国の法律や生誕地の法律による。