資格外活動許可での労働時間と収入の関係とは/超高額アルバイトは可能か

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

資格外活動許可」は、留学生家族滞在のビザをもつ外国人にとって、アルバイトをする時に必要な許可です。

ただし、時間の制限があり、週28時間までしか行えません。

多くの外国人が「この制限がなければよい」と思っているはずですよね。

この時間制限で大体のアルバイト収入が決まってしまうからです。

では、超高額のアルバイトの制限などあるのでしょうか?

今日はそんな資格外活動許可での収入や職種の制限についてみてみましょう。

資格外活動許可についての基礎的知識については下記の記事を参照して下さい。

1. 収入の制限はないが…

資格外活動許可は、証印シール又は資格外活動許可書の交付により受けることになります。

証印シール又は資格外活動許可書には、「新たに許可された活動内容」が記載されることになります。

「新たに許可された活動内容」とは、雇用主である企業等の名称所在地及び業務内容等1週間に28時間以内であること及び活動場所において風俗営業等が営まれていないことなどが、書かれています。

これを聞いて、「あれっ」と思った人もいると思います。

そこには収入の制限はないのです。

あるのは、時間の制限風俗業などはダメということです。

2.超高額なアルバイトはできるのか

回答は「できますが、風俗であったり、問題のあるようなアルバイトであったりすれば、許可されません。」

しかし、貴重な仕事やどうしても他人にはないようなスキルを持って行うアルバイトであり、かつ雇用主高額給与を納得すれば可能です。

それに伴う申請書類もなぜ高額なのかを分かりやすく記述することになります。

2-1. スーパードクター大門未知子の場合

例えば、テレビ朝日の有名ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子」みたいな外国人スーパードクターがいて、ある大病院に手術のアルバイトを行うために、資格外活動許可は許可されるのか?

この質問には、答えは「No」です。

理由は、就労系在留資格に「医療」(医師、歯科医師その他法律上資格を有する者が行うこととされている医療に係る業務に従事する活動)が存在するからです。

入管に資格外活動許可を申請しても受け付けてもらえず、在留資格「医療」での申請をうながされるだけです。

万が一、行っても税金などからわかってしまいます。

3.資格外活動許可で会社設立はできるのか

残念ながらできません。

在留資格には「経営・管理」という会社設立や起業するときに適応した資格があるからです。

例えば親戚の外国人が、子会社を設立し、その子会社社長に資格外活動許可を取得した親戚の外国人が就くことも、可能に見えますが、このような申請は通りません。

在留資格「経営・管理」を申請することをすすめられます。

在留資格「経営・管理」では、学歴は求められませんが、国内外での会社経営の経験資本金の有無などハードな申請要件が求められてきます。

上記の例をみても分かる通り、既に在留資格として存在するもので、資格外活動許可を申請しても、許可されないということです。

4. 資格外活動許可で高額収入を得るには

次のような要件が必要です。

  • 週28時間以内の仕事であること。
  • 風俗ではないこと。
  • すでにある在留資格に該当しないこと
  • 法律で禁じられていないこと。
  • そもそも高額な給与が得られる需要があること。
  • 収入が高額である理由入国管理局が納得できること。

5. まとめ

  • 資格外活動許可に時間制限(週28時間以内)はあるが、収入の制限はない
  • 資格外活動許可を取得して超高額なバイトをすることはできるが、ハードルも超高い。