永住権のために日本に10年以上住み5年以上働く必要があるとはどのような意味ですか

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

当事務所では、永住権に関する質問が多く寄せられます。

結局のところ、外国人の多くは、就労ビザで日本に住むだけでは、不安定さを感じたり、子供が親の母国について、ほとんど知らなかったりするので、最終的には日本への定住、できれば永住権を望むようになってきます。

さらに、母国から同じように移り住んできた親戚や友人が、永住権を取得すると、自分も同じように永住権をとりたいと思うのらしいのです。

相談を受けていて、こちらから質問すると、たいてい上記のような答えが、かえってきます。

今日は、永住許可に関するよくある質問です。

それでは、質問からみてみましょう。

Q1.永住権のために、日本に10年以上住み5年以上働く必要があるとは、合計15年が必要ですか。それとも、合計10年のうち、5年以上働かないといけないのですか。

後者に近いのですが、正解ではありません。

A1. 結論から言うと、

  • 引き続き10年以上日本に在留していること。
  • この10年のうち、就労資格又は居住資格をもって引き続き5年以上在留していること。

の2つが必要です。

よく違いがわからないという方には、今から説明しましょう。

1. 引き続き10年の意味

あなたからの質問では、「合計10年」という表現を使っていますが、「引き続き10年」とされています。

何が違うのでしょうか。

1-1. 空白なしの10年

引き続き10年」とは、基本的には日本から出国しないで、在留資格に空白を作らないで10年日本で生活していることです。

例えば、5年間日本に住んだ後、母国へ一旦帰国、3ヶ月後、日本が懐かしくなり、再度、在留資格を取り直して、日本に住んで、5年経過しても、引き続き10年とはみなされません。

母国へ一旦帰国した時点で、リセットされてしまうのです。

1-2. 出国時再入国許可は必要

万が一、出国するときも再入国許可や、みなし再入国許可を取得して出国していることが必要なのです。

あなたの母国への帰国するときにも、再入国許可(みなし含む)が必要です。

母国への帰国だからといって、再入国許可が必要ないわけではないのです。

ちなみに、再入国許可なし(みなし含む)に、出国すると、永住権を失うことになります

出国の瞬間に、在留資格はリセットされてしまい、引き続き10年とはみなされません。

1-3. 頻繁の出国もダメな場合がある

1年のうちトータル150日以上外国に行っている、または、1回の渡航が3ヶ月以上である場合など」は、同様に「継続して」とはみなされません

会社命令の出張出産による日本からの出国も理由にはなりません

意外に厳しいのです。

出産で、6ヶ月母国に帰国した後に、日本に戻り永住許可申請を行い、不許可になった実例もあります。

リセットされてしまったからです。

2. 「就労資格又は居住資格をもって」の意味は

「技能」や「技術・人文知識・国際業務」などの就労系ビザ(就労資格)、または、定住者や日本人の配偶者等の身分系ビザ(居住資格)を同じように空白なく持って、5年以上日本に居住していることが必要なのです。

言い換えると、「留学」「家族滞在」「研修」「短期滞在」などの非就労系ビザ以外を持って、継続して5年以上の在留が必要なのです。

たとえば、10年の在留のうち、家族滞在で6年を過ごしたのでは、申請できません。

また、あなたの質問では、「5年以上働かないといけない」とありますが、身分系ビザであれば、必ずしも働く必要はありません

3. まとめ

永住許可申請の基本的居住要件は、

  • 引き続き10年以上日本に在留していること。

→空白なく10年以上日本に居住していること

  • この10年のうち,就労資格又は居住資格をもって引き続き5年以上在留していること。

→この10年のうち、空白なく5年以上就労系ビザまたは身分系ビザを取得し、日本に居住していること。

  • 「引き続き」の解釈に注意する。
  • 再入国許可(みなし含む)を取得後出国すること。
  • 1年のうちトータル150日以上外国に行っている、また、1回の渡航が3ヶ月以上である場合などは、注意が必要。