特別永住者のみなし再入国制度および再入国制度に関するQ&A

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

今日は、特別永住者みなし再入国制度および再入国制度に関するQ&Aです。

特別永住者は、他の外国人の在留資格保持者に対して、少し優遇されています。

みなし再入国許可に関しては「2年」(他の在留資格では1年)、再入国許可に関しては「6年」(他の在留資格では5年)の期間を有しています。

それでは、実務上における質問や回答をみてみましょう。

ちょっとその前に、特別永住者に関する過去のQ&A集はこちらです。

Q15. 特別永住者証明書を所持せずパスポートだけで「みなし再入国許可による出国」はできますか。

A15. 法律上、「有効なパスポート特別永住者証明書を所持する方」に限定してみなし再入国許可による出国ができます

また、その際には、パスポートと特別永住者証明書を共に提示することが、法務省令で定められています

(注)みなし再入国による出国時には、再入国出国記録の「みなし再入国許可による出国を希望します。」の欄に忘れずにチェック(✓)をしてください。

Q16. みなし再入国許可で出国し、海外で特別永住者証明書を紛失してしまった場合どうすればよいですか。特別永住者証明書がないと入国できませんか。

A16. みなし再入国許可により再入国する際には、「特別永住者証明書の所持」を要件としていないので、日本から出国している間に特別永住者証明書を紛失した場合であっても、みなし再入国許可による再入国自体は可能です。

再入国後は、速やかに居住地の市区町村役場で、特別永住者証明書の再交付の手続をしてください。

なお、日本から出国している間に、パスポート又は特別永住者証明書を紛失した場合で、海外から日本へ戻る際の航空機の搭乗手続等において、日本での在留の資格を証明する必要があることが見込まれるときは、代理の方を通じ、居住地を管轄する地方入国管理局で、再入国許可期限の証明を受けることができます。

Q17. みなし再入国許可の有効期間を過ぎて入国した場合、特別永住者でなくなりますか。

A17. みなし再入国許可の有効期間(出国の日から2年)を延長することはできず特別永住者の地位が失われることになりますので、注意してください。

Q18. 特別永住者のみなし再入国許可の有効期間である2年を経過して再入国するときは、どのような手続が必要ですか。

A18. みなし再入国許可により出国した特別永住者の方が、出国の日から2年を経過した後に入国しようとするときは、特別永住者として入国することはできません

査証(ビザ)を必要とする在留資格の場合は、新たに査証を取得することも含めて、新規の上陸許可が必要です。

また、新規の上陸許可を受けて入国した後も、新たに特別永住者の地位を得ることはできません。

Q19. 特別永住者は特別永住者証明書の常時携帯義務がなくなると聞きました。家に保管する場合が多くなり、海外出国時など携帯を忘れそうです。みなし再入国許可制度は有効なパスポートと特別永住者証明書がないとみなし再入国許可としての出国ができないそうですが、これらを携帯していないときは再入国許可を取得してから出国することになるのですか。

A19. 法律上、特別永住者の方がみなし再入国許可により出国する意図を表明される場合、有効なパスポートと特別永住者証明書を所持する方に限定しています。

出国確認の際には、パスポートと特別永住者証明書を提示することになりますので、みなし再入国許可を希望する場合には、必ず旅券と特別永住者証明書を携帯してください。

なお、出国確認時に特別永住者証明書をお持ちでない場合は、再入国許可の取得をしていただくことになります。

Q20. 特別永住者がみなし再入国許可制度を利用する場合、携帯義務のないはずの特別永住者証明書が必要となるのはなぜですか。

A20. 特別永住者証明書は、入管法等改正法の国会における審議の過程で、「特別永住者に係る歴史的経緯等に鑑み、特別の配慮が必要」であることから、常時携帯義務を課さないこととされたものです。

一方で、みなし再入国許可では、その対象者であることの確認に必要であるため、再び入国する意図の表明として特別永住者証明書を提示することとしました。

まとめ

  • 特別永住者証明書を所持せずパスポートだけで「みなし再入国許可による出国」はできません。両方が必要です。
  • しかし、入国時は特別永住者証明書の提示は要件ではありません。入国後すぐに再発行手続きをして下さい。
  • みなし再入国許可の有効期間を過ぎて入国した場合、特別永住者でなくなります。
  • 特別永住者のみなし再入国許可の有効期間である2年を経過して再入国するときは、新しい在留資格取得の手続が必要です。特別永住者にはなれません。