ロシア人限定:ロシア国民に対するビザ発給要件の緩和されています。知っていましたか

今回の記事は、ロシア人限定です。

ロシア国民に対するビザ発給要件の緩和されています。

知っていましたか?

1. ロシア国民に対する短期滞在ビザの発給要件緩和します

なんと、安倍首相の故郷である山口県を訪れたプーチン・ロシア連邦大統領の訪日を機会に、ロシア国民(一般旅券所持者)に対する短期滞在ビザの発給要件緩和措置を日本政府が決定しました。

そして、2017年1月1日以降の申請分から運用を開始するとのことです。

2. 短期滞在ビザの発給要件緩和の目的は

短期滞在ビザ、つまり、観光ビザや商用ビザなので、その緩和措置での目的は限られてしまいますが、以下の2つが今回の緩和措置の目的です。

  • 商用や観光等の目的で訪日するロシア人の利便性向上訪日リピーターの増加
  • 日露間の人的交流の一層の活発化に資することが期待される

3. 緩和の対象及び内容は

  1. 従来発給している商用の方文化人・知識人に対する短期滞在数次ビザ発給対象者の範囲を拡大することに加え、最長の有効期間を現行の3年から5年に延長します。
  2. これまで一次ビザのみであった観光等を目的とする短期滞在ビザについて、新たに数次ビザ(有効期間:3年,滞在期間:最長30日)を導入します。
  3. 自分のお金で渡航する場合、短期滞在ビザの身元保証書等の提出書類を省略します。

さすが、ロシア、さすがプーチン大統領です。

来日しただけで、このような短期ビザの緩和措置がなされるのですから、実力者は違います。

これから、ロシアと日本の間の交流が増えると良いですね。

4. まとめ

  • 2017年1月1日以降の申請分からロシア国民に対する短期滞在ビザの発給要件緩和する。
  • 短期滞在数次ビザの発給対象者の範囲を拡大する。
  • 最長の有効期間を現行の3年から5年に延長する。
  • 数次ビザ(有効期間:3年,滞在期間:最長30日)を導入する。
  • 短期滞在ビザの身元保証書等の提出書類を省略する。