中国人限定:中国人に対するビザ有効期限の延長や発給要件の緩和等が運用開始されています

ちょっと前になってしまいますが、2016年10月17日に外務省から中国人に対する短期滞在ビザ有効期限の延長や発給要件の緩和等が運用されています

目的は

  • 商用目的で訪日する中国人の利便性向上
  • リピーターの増加及び若年層の訪日者数増加等

緩和の対象と内容は

(1)商用目的の者及び文化人・知識人に対する数次ビザ

ビザの有効期間を現行の最長5年から最長10年に延長するとともに,発給対象者の要件を一部緩和します。

(2)中国教育部直属大学(※)に所属する学部生・院生及びその卒業後3年以内の卒業生に対する個人観光一次ビザ

経済力が確認できる書類を,中国教育部直属大学の発行する在学証明書又は卒業証明書に代えることもできることとします。

(※)中国教育部直属大学は,中国の教育部に直属し,かつ教育部が管理する高等教育機関(75校)です。

特に(2)が大きいのではないでしょうか。

短期滞在が楽に簡単になる

大学生や院生は基本的に働いていないので、経済力があまりないうえ、納税記録などもないでしょうから、銀行預金口座残高証明書などを提出することになっていたでしょう。

それが、在学証明書や卒業証明書で良いのですから、相当楽になりましたね。

その代わり、短期の滞在中のお金はどうにかやりくりする必要があります。